偏頭痛薬

偏頭痛薬/原因や対処方法良く効く薬をご紹介しています

偏頭痛に効く薬

 

偏頭痛はほんとに嫌な病気です。

 

ある日突然やって来て、ものそのために何もする気にならなくなってしまいます。

 

頭痛

症状は人によって違いますが、とにかく一刻も早くその状態から逃れる事が出来ればと思うのは誰でも同じだと思います。

 

頭痛が起きますと、全く何もする気になりません。

 

精神的にも肉体的にも苦痛を与えてくれるほんと嫌な存在です。人によっては、痛みは無くでも、頭痛の亜形として、一時的に視神経の血流に問題が起き視界がギラギラとしてくるタイプもあります。

 

偏頭痛の原因は、脳内の血管が拡張することによって、回りの神経に触れる事により痛みを感じるため起こる病気です。

 

その神経に触れる部分の違いにより、症状も変わってきますが、脳内で起こっている現象は基本的には同じになります。

 

この脳内の血管をが拡張するのを抑えてくれる成分にSumatriptan(スマトリプタン)があります。この成分は脳内の神経伝達物質のセロトニンの分泌を抑えて血管の拡張をさせない効果があります。

 

セロトニンは、脳内で多く分泌されますと血管拡張することで知られています。またこのセロトニンの伝達が悪くなるとうつ病になる事も分かっています。

 

なぜセロトニンが過剰になるかはよく分かっていませんが、ホルモンの分泌やストレスに関係があると考えられています。

 

スマトプリタンの成分が効く偏頭痛は一般の鎮痛剤では効果がない「群発頭痛」、バッファリンなどの一般の鎮痛薬では効果がない人などに有効です。

 

このスマトリプタンの成分の入った薬には、下記の3点があります。

 

イミトレックス(スマトリプタン) イミグラン スマトリプタン点鼻スプレー

有効成分:
Sumatriptan(スマトリプタン)100mg
内容量:
6錠
メーカー:
ALMUS

有効成分:
Sumatriptan succinate(スマトリプタン)100mg
内容量:
2錠
メーカー:
グラクソスミスクライン

有効成分:
Sumatriptan(スマトリプタン)20%(20mg)
内容量:
10MDI
メーカー:
Sun Pharma

 

 

偏頭痛とイミトレックス

 

偏頭痛って本当に辛いですよね。
イライラして周りにもあたってしまったり、放置しておくと吐き気なんの症状も出てくるやっかいなもの。
偏頭痛は女性に多い慢性の病気で、偏頭痛をうったえる患者の約70%が女性なんです。

 

偏頭痛の原因ははっきりとはわかっていませんが、ホルモンが関係しているのではないかとされています。

 

偏頭痛のメカニズムはセロトニンという物質が血管を拡張させて動脈周辺の神経を刺激させることにあります。
頭痛薬は飲みたくないという人にもおすすめの偏頭痛薬がイミトレックスです。

 

イミトレックスには血管の拡張を抑える作用があるため血管を収縮して痛みを抑えてくれます。
偏頭痛をよく起こす人であれば、痛みが現れる前兆なども自分でわかるものですよね。

 

そんなときはなるべく早くイミトレックスを1錠服用してください。
予防的な効果はありませんので、あくまで偏頭痛の前兆があった時に服用するようにしてください。

 

続けて服用したい場合は、1錠服用後に2時間感覚をあけて飲む必要があります。

 

イミトレックスは個人輸入の偏頭痛薬なので医師の処方箋がなくても購入することができます。
個人輸入のお薬は怖いという方もいらっしゃるようですが、個人使用に限定した上で法律できちんと認められているので安心して購入できます。

 

なるべく薬を飲みたくないからといって偏頭痛を我慢するのはよくありません。
我慢するよりもイミトレックスで痛みの症状を抑えて快適な生活を送りましょう。

 

頭痛は、それがあるだけで何もしたくなくなります。そしてその症状があると、すぐにでもなんとかしたいと思うものです。

 

それは、脚やその他の部位が痛いのと違って、頭が痛いということは、仕事もできなくなるし、家事もできなくなるのです。

 

しかし、寝ていても、その症状が軽くなることはありません。そのため、すぐにでもその痛みから開放されたいと思い、頭痛薬を飲みます。

 

頭痛薬

ほとんどの人は、その対処方法となります。

 

しかし、劇的に効果を発揮してくれる頭痛薬を手にすることは難しいのです。

 

その点、新しく開発されたイミトレックスは、その嫌な頭痛を劇的に軽減することができる、理想的なお薬です。

 

そしてイミトレックスを飲めば、痛みをすぐに軽減させる事ができるのです。そのため、家事を有意義に実施できたり、仕事においても、イミトレックスをもっているというだけで安心して、作業をすることができます。

 

また、頭痛薬はよく副作用として、色々な症状がみられる場合がありますが、その点についても副作用が少ない薬となっているので、安心して服用することができます。

 

偏頭痛や関節痛に良く効く薬はいろいろあります。更に詳しく詳細を知りたい方はこちらをご参考にしてください。

 

ここ一番の時に限って偏頭痛

 

片頭痛は、本当に嫌ですよね。いつ何時やってくるかわかりません。

 

でも、経験上、家でのんびりしている時には結構大丈夫なんですよね。

 

出かけている時や、ここ一番の時に限って、片頭痛になったりするものです。

 

片頭痛には、酷い場合は吐き気も伴ってくるのが辛いところです。

 

私の場合、この間はディズニーシーで片頭痛になりました。
原因は、ものすごい早起きと、バスの中でのうたたねでなんだか調子が狂ってしまったこと。

 

行楽

それから、最近感じるのは、水分不足も関係あるのかなという気がしています。
行楽地やデパートなどに行くと、トイレが混雑していたり、もしくはあまり清潔じゃなかったりするので、あまり行きたくない気持ちになります。

 

そこで、ついつい無意識のうちに、水分摂取をおさえてしまっていることがよくあります。
デパートなどは、荷物をもってトイレに入るのが大変ですもんね。

 

そんな時、必ずといっていいほど、片頭痛になるのです。
私は、そんな時の為に、必ず頭痛薬を持ち歩いています。

 

ディズニーシーの時も、持っていたので助かりました。
本当ならば、頭痛薬を飲んだ後、しばらくは暗い部屋で目を閉じていると治りが早いのですが、この時はそうはいきませんでした。

 

でも、薬と一緒に水をたくさん飲んで、しばらくすると落ち着いてきました。
片頭痛のせいで、楽しい一日が台無しになることが、今までに何度もありました。

 

頭痛薬は、これからもずっと手放せない大事なアイテムです。

 

偏頭痛と光

 

偏頭痛の症状は頭の片方が痛くなるだけでなく、目に前駆症状が現れる場合は稀にあります。

 

これは編頭痛の症状が出るときに一時的に目の視神経への血液の流れが悪くなり、それが原因で目に症状がでて、その後頭が痛くなります。
※目に症状が出てもその後頭痛を感じない人もいます。

 

目にでる症状の特徴は、突然目の中に眩しい部分が出てきて、時間と共にだんだん目の中で広がって行きます。

 

眩しい部分の淵はギザギザ模様をしていて、その光が目の全部の部分まで大きくなりますと、ギザギザ部分が乱反射して、色で物が見えにくくなります。

 

閃輝暗点(せんきあんてん

 

この症状は、閃輝暗点(せんきあんてん)と言いまして、初めてなった方は何か脳の病気に掛かったのかとびっくりして、それだけで何だか具合が悪くなってしまいます。

 

偏頭痛のある方はこのような症状が現れる事があるのを知っておきましょう。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)は最初小さな眩しい部分が目に現れそれが目の中でだんだんと大きくなって、ピークを迎えますとその後だんだと眩しい部分が消えて行ってなおります。だいたい時間にして10分ぐらいの出来事です。

 

車など運転中にこの現象が現れた場合には回りが見ずらいので、車を脇に寄せて暫くその症状が回復するまで待つようにしましょう。

 

偏頭痛はこんな時にと言う状況でなる事があり大変です。早期に対応をしておきましょう。

 

頭痛の種類

 

一般的に頭痛は良く起きる場合総称として慢性頭痛などと言われていいます。

 

この慢性頭痛を大きく分ける下記の様なものになります。

 

・偏頭痛

 

偏頭痛の原因は血管が拡張して、神経を刺激する事でおこる頭痛です。

 

ですので、脈と共にズキンズキンと痛みが走ります。

 

原因は人それぞれになりますが、緊張から解放されて血管が開いた時、アルコールが原因で血中の水分が増え血管が開いた時、熱いお風呂などに入って血管が拡張した時などいろいろです。

 

予防法としては、そのような状況を作らない事が一番です。もし偏頭痛が始まりましたら速やかに暗い所で体をゆっくりさせる事が効果的です。

 

偏頭痛薬

・緊張型頭痛

 

肩こりから始まって、首から後頭部に掛けて両側に締め付けられるような痛みを感じます。

 

緊張型頭痛の場合には、実際に筋肉が硬直しており、緊張を解す事が大切になります。

 

この手の頭痛の場合は、肩などマッサージする事でかなりの効果があります。

 

暖かい場所に行くのも効果があります。

 

実際の筋肉の疲労が原因ですので、痛み止めを使用しても効果がりません。

 

どちらかといますとデパスなどの筋肉弛緩効果のある精神安定剤が効き目がります。

 

・群発頭痛

 

目の奥から片方の頭が割れる様に痛い状態をくりかえす頭痛です。

 

原因はこめかみの部分の血管が拡張する事で起きると言われています。

 

この手も頭痛は定期的に置きますので、早目に鎮痛剤を服用しておくのもいいです。

 

実際目の筋肉通や、目の充血が伴う場合が多く2時間ぐらい続きます。

 

また自律神経に異常な信号がでている事が原因とも言われています。

 

・まとめ

 

どの頭痛も共通していることが血管が拡張して、その回りの神経を刺激して頭痛が起きる事です。

 

血管の異常な拡張を避ける事が最も重要な事になります。

 

血管に問題がある人はその部分を治す必要があり、血圧が上手くコントロールできない人は、血圧の薬を飲む。緊張がちの人は普段から軽めの安定剤を飲んでおくなど工夫をしておきましょう。

 

嫌な頭痛から身を守るためにも、どんなくすりが自分にあうのか良く見極めて早目に対策をしておく事が大切です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ